株式会社で会社設立する際の手続きを依頼するのなら

会社設立

東京で株式会社として会社設立する際の手続きは自分で行うことも可能ですが、会社設立に必要な事項を決定したり、必要書類を作成したりする作業は大きな負担になります。
その為、会社設立に関する手続きを専門家に依頼したいと考える方も少なくありません。
ただ会社設立に関連する手続きを依頼できる専門家としては、税理士・司法書士・行政書士などの士業があって、それぞれの違いがよく分からない方も多いです。
ですから、それぞれの専門家の特徴や報酬相場を事前に知っておくことも大切で、それにより株式会社設立に適した専門家を見極められます。

税理士は税務や決算についての専門家ですが、会社設立に関する登記手続き業務や事業の許認可については専門家ではないです。
ですから、登記手続きに必要となる書類作成まではサポートしてくれますが、許認可に詳しくないと許認可申請で時間がかかる場合もあります。
その一方で株式会社設立後の決算業務や税務申告まで依頼することを考えているのなら、報酬を安く引き受けてくれる税理士の方が多いのでメリットになるのです。
弁護士や行政書士と違って司法書士は登記の専門家ですから、会社設立登記手続きの代理ができるのは司法書士だけになっています。
その為、税理士や行政書士に依頼しても会社設立登記の代理はできないので、間接的に司法書士が関わっていることが多いのです。
その一方で税務に関する知識などを司法書士は持っていないので、株式会社設立に関連する税務処理や会計処理などについての具体的な相談はできません。
ですから、会社設立登記の手続きだけが面倒という場合は、司法書士に依頼するのがベストと考えられます。

行政書士に依頼できる仕事は、権利義務または事実証明に関する書類作成と行政に提出する書類の作成の2種類なので、会社設立に関連する登記手続きの代行はできないのです。
ただ許認可手続きができるメリットがあるので、許認可手続きが必要な株式会社を設立するのなら行政書士に依頼するのもひとつの選択肢と言えます。
その一方で司法書士と同様に税務知識がないですし登記の専門家ではないので、株式会社設立登記に時間がかかる可能性もあるのです。
このように会社設立に関連する各士業の役割も得意領域も違うため、どの士業に依頼しても他の士業と協力するケースが多くみられます。
ですから、東京で株式会社を設立する際の手続きを依頼する士業を選択するポイントは、自分の状況に合わせて選択するのがベストです。

会社設立費用の仕訳

会社設立01

会社設立のための費用は仕訳しないといけません。
どのような項目で仕訳するのか?というと、「開業費」と「創立費」に費用を分けることになります。
それぞれ、経理上どのような分け方になるのか?ここで詳しい内容を紹介したいと思います。

まず、開業費についてですが、こちらは会社設立の手続き後から営業を始めるまでにかかった費用のことを言います。
例えば、名刺や印鑑などを作成するときに使った費用や、広告宣伝費パンフレットの制作費出資者への接待費調査費用旅費などが対象になります。
こちらの開業費は繰延資産として計上することが可能で、5年間の償却期間で均等に償却していくことも可能ですし、任意償却も認められていますので、事実上必要経費とあんまり変わらない扱いになるでしょう。

一方、創立費というものもあります。
これは、会社の登記が完了するまでにかかった費用のことを言います。
こちらは、登録免許税や定款作成費用、登記費用、会社設立事務、定款の認証費用などが対象となる費用です。
この費用も同じく、5年間に分けて償却することもできるし、任意償却も可能となっています。

その他いろいろ細かい条件もありますので、もし分からないことがあれば専門の税理士や会計士に相談してみると良いでしょう。
このような会社の経理も法人化すると、これからは今まで以上にしっかりとやって行かなくなります。
労力を減らすためには、高性能な会計ソフトを導入して経理業務の負担を減らすか、税理士や会計士に経理を外部委託して任せるかなどの工夫が必要です。

あと、会計ソフトの他には、青色申告ソフトなどもありますので、そちらも準備したほうがいいでしょう。
青色申告ソフトは、確定申告の時に必要となる申告書を作成するときに使う経理ソフトになります。

どちらのソフト購入代金も経費で落とせますので、会計を外部に委託しないのであれば、ここは費用をケチらずに投資した方がいいでしょう。
そうすることで、会社のオーナーや社員が本業に集中することができます。

最初のうちは、なかなか経理部門を会社の中に設けることは難しいことの方が多いです。
ですが、本業に人材を集中させるためには、会計自体をアウトソーシングするのがいいのかもしれません。

会計部門を外部に切り離すことで、ワンフロアの会社でも、大きなビジネスを展開することができます。
まず最初のうちは、いろいろと工夫をしてコンパクトな経営を目指してみてください。

会社設立と社会保険

会社設立

会社設立するときに忘れずに対応したいのが社会保険です。
会社法人では専用の社会保険が利用されていることが多いですよね。
法人を作ると今度は自分がそれに加入しないといけません。

特に気をつけたいのですが、これは希望すれば選べるといったものではなく、加入が義務となることが多いのです。
義務の場合は会社設立後、すぐにこの社会保険への切り替えの手続きをしないといけません。

しかし本当にこのような対応が必要なのか、できたばかりで規模も小さく、社員も社長一人だけといった会社では疑問もあるでしょう。
社長一人の小さな会社で当面は従業員を雇う予定が一切ない場合でも、社会保険の切り替えは義務となります。

ただし、社長となる自分の役員報酬を0円にしている場合、またはその報酬額が著しく低い場合は企業用の社会保険に入らなくてもOKとなります。
これに加入するにはその企業からある程度の収入を得ていることが前提となるため、その会社には社長一人しかおらず、しかもその社長の役員報酬がほとんどない場合は加入したくてもできない場合もあるのです。

ただ、会社を作って経営者となっている本人の収入が著しく低いといったケースはあまりないため、社会保険に加入しなくてもいいケースはそれほど多くありません。
基本的には加入が必須となるつもりでいてください。

この手続きはどこでやるのかというと、会社の住所を管轄する年金事務所やハローワークなどです。
そちらに社会保険に加入するための届出と添付書類をあわせて提出すればOKです。
書類の作成と提出という手続きになるため、個人でもできなくもない手続きですが、慣れていないと書類の作成に手間取ったり、不備があってやり直しになったりと、スムーズに手続きが進まないこともよくあります。

なるべく手間なくこの社会保険の手続きを終わらせたいときは代行してもらうのもおすすめです。
会社設立手続きの代行をやっている専門家やサービスなどでは、これら設立後に必要な社会保険関係の手続きも代行してくれることがあります。
お願いすれば経営者は何もせずともこれら手続きが完了します。
プロに任せれば不備なども出にくく、すぐに手続きが終わることも多いですからおすすめです。

これら社会保険にもし入らない場合はどうなるのでしょうか?
設立したその会社の条件で設立が義務となる場合、入らないという対応は基本的に選べないため、もし入っていないときは最終的に強制加入させられます。
放置していれば入らなくても済むということはないため、会社設立したらなるべく早めに加入しておくといいでしょう。

東京で会社設立に必要な税金

東京で会社設立を行うのにあたって抑えておきたいこと言えばやはり税金ではないでしょうか。
実際に法人になると税金に関することも異なる部分があります。
いざとなって税金を支払うことになってしまった場合に戸惑うことのないようにあらかじめチェックしておくことが肝心です。
“東京で会社設立に必要な税金” の続きを読む

東京で格安に会社設立するには

これから会社を設立しようと考えた場合に費用を少しでも抑えたいと考えるのが一般的です。
会社設立費用は固定で発生するものと考えてしまいがちなのですが、実際に費用を抑えることができるといった内容もインターネット上では散見されるでしょう。
東京で格安に会社設立するにはどのようにしたら良いのでしょうか。
“東京で格安に会社設立するには” の続きを読む

会社設立時に必要な費用とは

これから東京にて会社設立するにはどのくらいの費用が必要となるのでしょうか。
実際にどの程度費用がかかるかを把握していないといざというときにお金が無いなんていうことになってしまうかもしれません。
資金が限られている個人事業主こそしっかりと確認しておきたいですよね。
東京で会社設立時に必要な費用について確認してみましょう。
“会社設立時に必要な費用とは” の続きを読む

会社設立時に東京の代行サービス

東京で会社設立を行うことを考えた場合、個人で立ち上げを行おうとすると膨大な時間が必要になります。
慣れている経営者の方もいらっしゃるかもしれませんが、個人ではじめての会社設立となると1ヶ月から2ヶ月の間は準備や手続きに追われてしまうことになります。
経営者の時間はとても貴重なものですので、可能であれば会社設立代行サービスを活用するのが良いでしょう。
これから会社設立時に活用したい東京の代行サービスを確認してみましょう。
“会社設立時に東京の代行サービス” の続きを読む

東京で会社設立を相談するには

個人をとりまく環境だけではなく、会社についても年々取り巻く環境が変わってきています。
法の改正や起業へのハードルの低下などより身近になってきたと言えるでしょう。
個人事業者においては法人化、会社を持つことによるメリットも多く、興味を持っているという方も少なくないでしょう。
インターネットなどでは数多くの税理士や司法書士、士業サービスなどが見つかり、どこに依頼や相談をおこなうべきなのか迷ってしまうことも少なくありません。
東京で会社設立を相談するにはどのようにすべきなのでしょうか。
“東京で会社設立を相談するには” の続きを読む

会社設立に必要な資格とは

会社設立が身近になり、誰でも起業家になれる時代が到来しています。
個人事業主として活躍されていた方でも会社設立し法人になることを検討されている方も多いでしょう。
会社設立の際に気になるポイントのひとつとして必要な資格はあるのかどうかというポイントではないでしょうか。
これから東京で会社設立を行うにあたって必要な資格などは存在しているのでしょうか。
“会社設立に必要な資格とは” の続きを読む

会社設立時東京で頼れる司法書士

これから東京で会社を設立するにあたって専門家への相談や依頼を行うこともあるでしょう。
そのような際に司法書士への相談を検討されることもあるでしょう。
実際に税理士や行政書士と並んで、司法書士の方も会社設立に関し広く依頼を募っていることもあります。
東京での会社設立時に頼れる司法書士についてチェックしてみましょう。
“会社設立時東京で頼れる司法書士” の続きを読む