東京で会社設立を相談するには

個人をとりまく環境だけではなく、会社についても年々取り巻く環境が変わってきています。
法の改正や起業へのハードルの低下などより身近になってきたと言えるでしょう。
個人事業者においては法人化、会社を持つことによるメリットも多く、興味を持っているという方も少なくないでしょう。
インターネットなどでは数多くの税理士や司法書士、士業サービスなどが見つかり、どこに依頼や相談をおこなうべきなのか迷ってしまうことも少なくありません。
東京で会社設立を相談するにはどのようにすべきなのでしょうか。

会社設立相談を行うにあたって、専門家の選択が肝心です。
なぜなら専門家によって詳しい内容が異なるからです。
一般的に会社設立に詳しい専門家は実績が豊富であり、なおかつその専門性を売りにしてサービスを提供しています。
そのため専門家の中でも提供できる内容に差があることはあらかじめ踏まえておく必要があるでしょう。

実際の専門家ごとに確認してみると、税理士は税金に関するスペシャリストです。
税務申告から会計や決算、資金調達の支援などにも明るいです。
司法書士は法律のスペシャリストであり、会社設立において登記などの法務局が関係することについて高い専門性があります。
行政書士は行政に関するスペシャリストであり、行政書類の作成や許認可手続きに関しては専門と言えるでしょう。
相談したい内容に合わせて専門家を選択することで問題を解決することが可能になるのです。

一般的に会社設立代行の相談や依頼を行う場合には、税理士への相談を行う方が価格的にメリットがあるでしょう。
報酬相場が50,000円からとなっており、顧問契約を条件とする場合には無料で請け負っていることもあります。
行政書士や司法書士への相談や依頼の場合には100,000円からとなっておりやや高額に感じられることもあるでしょう。
そのため税理士が窓口になった個人や士業サービスに依頼し、費用を抑えることが良いでしょう。