会社設立時東京で頼れる行政書士

会社設立時に専門家へ頼ることは確実な手段であり、なおかつ堅実な方にとってはおすすめと言えるでしょう。
専門家へ依頼することでより確かに行えるだけではなく、不安に感じることや疑問点を解消し将来へつなげることも可能になります。
その中でも行政書士の方へ相談や設立に関する依頼を行うこともあるでしょう。
東京での会社設立時に頼れる行政書士についてチェックしてみましょう。

行政書士へ会社設立を相談、代行を依頼するにあたって実際には得意分野が異なっていることについて踏まえておく必要があるでしょう。
例えば税金や会計、決算に強いのは税理士であり、登記関係など会社設立に関しての法務局への届け出は司法書士の方が専門となっています。
行政書士とはその名の通り、行政関係のスペシャリストであります。
そのため会社設立時には権利の事実証明に関する書類、権利義務の書類、行政に提出するための書類の作成を依頼することが可能です。
前述の通り登記までの手続きは依頼できませんが、会社設立の際事業によっては必要となる許認可の手続きを相談、代行依頼できるところが強みです。

行政書士の独占業務と得意領域は狭いかもしれませんが、一般的に会社設立代行サービスなどの個人、または士業サービスについては税理士や司法書士、行政書士が協力して行っていることも多いです。
そのため窓口は行政書士の方であっても、税務関係の相談をしたい場合には税理士、登記に関することを相談したい場合には司法書士を紹介してもらえることもあります。
将来的な会社のお金の出入りまで相談した場合には税理士から相談を行い紹介してもらうほうがメリットがあるかもしれません。

行政書士への会社設立代行や相談を依頼する場合、報酬相場は100,000円からとなっております。
やや高額に感じますが、許認可申請などの代行を行ってもらえるのがポイントです。
現在の事業で許認可が必要な際にはしっかりと相談を行っておくことをおすすめします。