会社設立時東京で頼れる司法書士

これから東京で会社を設立するにあたって専門家への相談や依頼を行うこともあるでしょう。
そのような際に司法書士への相談を検討されることもあるでしょう。
実際に税理士や行政書士と並んで、司法書士の方も会社設立に関し広く依頼を募っていることもあります。
東京での会社設立時に頼れる司法書士についてチェックしてみましょう。

会社設立時において司法書士の役割とは登記に関係する部分の相談から代行までを業務として独占しています。
税理士や行政書士などに依頼することもできますが、登記の部分においては司法書士が担当していることがほとんどです。
そのため士業一体となった事務所やサービスなども少なくありません。
各独占業務を分担することでスピード感のある会社設立が行える反面、経営者として気になる部分がおろそかになってしまうこともあります。
それは税務関係の効率化です。

個人事業者からの法人化、または会社設立を行う際には節税やより経費として様々なことを計上したい、またはリスク管理を行いたいなどお金に関することが多いでしょう。
そのため税理士に相談することで会社設立代行を依頼される方が多いため、司法書士への相談をされる方が少ない傾向にあります。
しかし会社設立において登記申請が一番難しいと感じる方も多く、ハードルも高いものとなっています。
もし登記に関することがわからない場合や難しく感じる場合には司法書士へ相談、税務関係のことを含めたトータルでの会社設立相談を行いたい場合には税理士、または税理士をはじめとした士業サービスに相談するのが良いでしょう。

会社設立代行や相談を依頼する際には司法書士への報酬相場は100,000円程度となっており、やや高額に感じられるかもしれません。
これは登記事務などをはじめとした会社設立に関することのみなので、アフターフォローなどは含まれていないことが多いです。
また前述の通り、税務や会計に関することも相談は難しいことはあらかじめ踏まえておく必要があるでしょう。