会社設立時に必要な費用とは

これから東京にて会社設立するにはどのくらいの費用が必要となるのでしょうか。
実際にどの程度費用がかかるかを把握していないといざというときにお金が無いなんていうことになってしまうかもしれません。
資金が限られている個人事業主こそしっかりと確認しておきたいですよね。
東京で会社設立時に必要な費用について確認してみましょう。

会社形態によっても異なりますが、個人からの起業に選ばれる株式会社と合同会社でチェックしてみましょう。
まずこれらの会社を立ち上げる際に最低限必要な金額は25万円です。
実際には合同会社は10万円程度を見積もっておけば良いですが、株式会社の場合には25万円程度必要となります。
意外と高額になるので前もって寄せておくようにしたいですね。

実際にかかる会社の費用として、定款に貼るための収入印紙が40,000万円となります。
電子定款の場合は収入印紙は不要となりますが個人では作成するための機器をそろえるとより高額になってしまうので、専門家や代行業者に依頼したときには不要になると考えておけばよいでしょう。
次に定款の認証時には公証人に手数料を支払う必要があります。
この手数料は約50,000円です。
そして定款の謄本手数料も忘れないようにしましょう。
登記申請の手続きに必要であり、1ページ250円が必要になります。
一般的に約2,000円程度の手数料が必要となるでしょう。
最後に必要となるのが登録免許税です。
登記申請を行う際に必要であり、資本金の金額は2,143万円以上の場合は資本金の0.7%の金額が必要となります。
それ以外の場合は15万円が固定で必要です。
個人事業主からの起業の場合はおおよそ150,000円が必要となります。
合同会社の場合は60,000円となりますので手数料を抑えることができるのです。

会社設立費用を知ることでしっかりと備えることが可能です。
また会社設立時に必要な費用は後から経費として計上できるためしっかりと帳簿につけておきたいですね。