会社設立に必要な資格とは

会社設立が身近になり、誰でも起業家になれる時代が到来しています。
個人事業主として活躍されていた方でも会社設立し法人になることを検討されている方も多いでしょう。
会社設立の際に気になるポイントのひとつとして必要な資格はあるのかどうかというポイントではないでしょうか。
これから東京で会社設立を行うにあたって必要な資格などは存在しているのでしょうか。

個人が会社設立の手続きを行う場合には特に必要な資格は存在しません。
会社設立に対して必要な費用と手続き、書類などを各所に滞りなく提出することができれば会社を立ち上げることができます。
しかし気をつけておきたいことがあります。
それは会社を設立することは法人格を所有するということです。

法人とは法律の下に守られている人格のことであり、人間として認められるものではありませんが、同等の責任は存在します。
個人として、そして法人を取得するということは社会的責任も大きく増すと言えるでしょう。
会社法の改正や合同会社の登場で比較的誰でも容易に会社を設立することができるようになりましたが、責任が増えるということに関しても改めて見直しておくべき問題でしょう。

会社設立時における相談や設立代行を請け負うには資格が必要となります。
例えば会社における税務や会計、決算に関する相談や書類の作成代行などを行う場合には税理士の資格が必要です。
会社の定款作成代行や許認可申請の相談や書類作成代行には行政書士、法務局へ登記書類の提出代行や相談を行うには司法書士の資格が必要です。
これらに関しては各士業の独占業務となっており、税理士が専門とする範囲と回答できる範囲は税金のことのみとなっています。
例えば会社設立代行を税理士に依頼しても、税金に関する事以外は各士業へ依頼を行い、サポートしながらサービスを提供していることがほとんどです。
各士業の独占業務や相談できる範囲についてはあらかじめしっかりと踏まえておくことで、相談時にもスムーズに進めることが可能になるでしょう。