会社設立と社会保険

会社設立

会社設立するときに忘れずに対応したいのが社会保険です。
会社法人では専用の社会保険が利用されていることが多いですよね。
法人を作ると今度は自分がそれに加入しないといけません。

特に気をつけたいのですが、これは希望すれば選べるといったものではなく、加入が義務となることが多いのです。
義務の場合は会社設立後、すぐにこの社会保険への切り替えの手続きをしないといけません。

しかし本当にこのような対応が必要なのか、できたばかりで規模も小さく、社員も社長一人だけといった会社では疑問もあるでしょう。
社長一人の小さな会社で当面は従業員を雇う予定が一切ない場合でも、社会保険の切り替えは義務となります。

ただし、社長となる自分の役員報酬を0円にしている場合、またはその報酬額が著しく低い場合は企業用の社会保険に入らなくてもOKとなります。
これに加入するにはその企業からある程度の収入を得ていることが前提となるため、その会社には社長一人しかおらず、しかもその社長の役員報酬がほとんどない場合は加入したくてもできない場合もあるのです。

ただ、会社を作って経営者となっている本人の収入が著しく低いといったケースはあまりないため、社会保険に加入しなくてもいいケースはそれほど多くありません。
基本的には加入が必須となるつもりでいてください。

この手続きはどこでやるのかというと、会社の住所を管轄する年金事務所やハローワークなどです。
そちらに社会保険に加入するための届出と添付書類をあわせて提出すればOKです。
書類の作成と提出という手続きになるため、個人でもできなくもない手続きですが、慣れていないと書類の作成に手間取ったり、不備があってやり直しになったりと、スムーズに手続きが進まないこともよくあります。

なるべく手間なくこの社会保険の手続きを終わらせたいときは代行してもらうのもおすすめです。
会社設立手続きの代行をやっている専門家やサービスなどでは、これら設立後に必要な社会保険関係の手続きも代行してくれることがあります。
お願いすれば経営者は何もせずともこれら手続きが完了します。
プロに任せれば不備なども出にくく、すぐに手続きが終わることも多いですからおすすめです。

これら社会保険にもし入らない場合はどうなるのでしょうか?
設立したその会社の条件で設立が義務となる場合、入らないという対応は基本的に選べないため、もし入っていないときは最終的に強制加入させられます。
放置していれば入らなくても済むということはないため、会社設立したらなるべく早めに加入しておくといいでしょう。